バイク買取の流れについてです。準備の段階から成約までの流れを知っておきましょう。また、査定は複数社に依頼することをおすすめします。
Show MenuHide Menu

はじめてでもわかる!バイク買取の流れ

乗らないバイクをそのままにしている、という事はありませんか?

そのバイクに並々ならぬ愛着を感じているなら話は別ですが、今後も乗る予定がない、バイクを置いておかなければならない事情もないというのであれば早めに手放すのが賢明です。

バイク買取について案内しているサイト(http://www.loi2robien.com/)では、そのままにしている時間が長ければ長いだけ価値は下がっていくと説明していますが、その一方で、バイクを所持するうえで必要となる費用は無くなることはありません。

費用を払い続けるよりも、価値に見合った額の買取をしてもらいましょう。

とは言え初めてとなるとバイク買取は難しいのではないか、面倒ではないかと思う方も多いようです。

どうすれば良いかよくわからないという人のために、バイク買取の流れについてまとめました。

《準備から申し込み》

バイク買取は、業者の査定スタッフに来てもらい、直接バイクを見てもらうことになります。

まず、査定を申し込む前に売却の際に必要な書類を準備します。

必要な書類は、車検証、自賠責保険証、印鑑、身分証明書です。

そしてバイク買取の査定をしてもらう業者を選び、電話かインターネットで申し込みます。

業者から折り返し連絡がありますので、出張買取の日時を決め、予約しましょう。

《査定、商談、成約へ》

バイク買取業者は自宅まで来てバイクの実物を査定します。

査定額が提示されますが、なぜこの査定額になったのか説明してもらいましょう。

査定額に納得できたら成約となり、その場で買取証明書が渡されます。

ただし、この時に売却に必要な書類が揃っていないと完了しないので注意してください。

《複数社に査定を依頼》

この流れは、一つの業者に査定を依頼し、すぐに決めてしまう場合の流れですが、査定は複数の業者に依頼しても全く問題ありません。

むしろ、複数の業者に依頼した方が査定額を比較でき、より高い額で買い取ってくれるところに売れるのでおすすめです。

業者には、他でも査定してもらうから後日返事をすると伝えても大丈夫です。

少しでも高い額で売るためには、複数の業者に査定してもらい、比較することをおすすめします。